Twitter APIを使ってSwiftでTwitterを作ろう

RailsやPHPで作成したサーバーとデータ通信をする方法をマスターし、swiftでJSON形式のデータを処理できるようになろう!

  コースを受講

このコースはTwitter APIをバックエンドとして利用してリアルなTwitterアプリを作成します。このコースでAPIの使い方を習得すれば今後どのようにしてRailsやPHPで作成したバックエンドを利用してアプリを作っているのかが理解できるようになり、今後のアプリ開発に役立つことでしょう。

このコースをマスターすることでURLを使って情報を習得しJSON式のデータをアプリに表示させることができます。流行りのParseより複雑な作業ができるようになります。

コースは約3週間でマスターできるように作成されています。

このコースの教材内容はjson形式にデータをどのようにして習得したり投稿したりするかと、どのようにしてjson形式のデータをswiftで処理をするかが中心になっています。

このコースを受講して新たなステージに進みましょう。

推奨条件

基本的なSwiftの知識

学習内容

17本のレクチャーと2 時間のコンテンツ!

TwitterのAPIを使うことでURLでのリクエストをマスターできる

こんなかたにおすすめ

swiftを学び始め格段に技術力をあげたい生徒


作成者


福田涼介
福田涼介

趣味でiOSを開発し始め、気づけばエンジニアとなり仕事をしていた若者です。


よくあるご質問


コースに不満がある場合、返金してもらえますか?

返金をご希望の場合は、ご購入から 28 日以内にサポート [email protected] までメールでご連絡ください。

メール本文に、Splatutor でのプロフィール(ユーザー名とメールアドレス)および返金希望コースを記載してください。

さあ、はじめよう!